バックナンバー(もっと見る)

2016年10月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" もしもの時の人口蛹室。 猫か...

2016年8月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" 犬に良くない意外なもの 活餌...

2016年7月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" フードアグレッシブって? 梅...

ぺっとの根っこ

2014年8月号

かふぇmicieさんにインタビューしてみた。

2014年08月08日 15:02 by masataka_mano

 今月から始まる新コーナー

動物に関する活動やお仕事をされている方にインタビューをする

○○○さんにインタビューしてみた。

今月はここに行ってきました!! 


鹿児島県薩摩川内市に

鹿児島県ではまだ少ない猫カフェがあるというお話を聞きインタビューをしに行ってきました。


薩摩川内市の大きな通り国道3号線から少し路地に入った所に

複数の店舗が入ったビル。そのビルの1階にかふぇmicieはあります。

早速店内へ

 

 店内に入るとさすがは猫カフェ

真っ先に猫ちゃん達がお出迎えしてくれます。

こちらの猫は「トント」人懐っこくてカメラを覗き込む程。

 

  こちらは「テン」こちらもかわいい・・・

みんなカメラがお気に入りの様子

 

猫達への挨拶を済ませ、早速かふぇmicieのオーナー中薗 志保さんにお話を伺った。

 

−−−中薗さんなぜ、猫カフェを始められたんですか

昔、家庭の事情で悩んでる時に

飼っていた猫達を処分して欲しいと言われ

そんな事、出来るはずがない!!と悩んでいる時

当時、色々相談に乗って下さってた方がフッと言った

「猫カフェでもやってみたら?」と言う一言がキッカケで始めました。

 

−−−なるほど、そういったキッカケがあったんですね。ちなみにかふぇmicieにはどういったお客様が来られますか?

圧倒的に猫好きが多いですね。「ウチも飼ってるんですよ!」ってお客様が多く来るんです。

それと、猫を飼えないけど猫と触れ合いたいお客様や

仕事の合間や終業後時間がある時に立ち寄ってゆっくりされる方も多いですね。

 

黒猫の「イブ」

 

−−−みんなの癒しの空間なんですね。そんな癒しを与えてくれる猫達はどこから来た猫達なんですか?

ここの猫達は里親を探していた猫達です。

元は捨て猫だったり、迷い猫だったり。

行き場の無かった猫達が今ここにいます。

 

−−−猫カフェをやっていく上で気をつけている事などありますか?

もちろん、猫の管理ですね。

−−−それは日頃からの飼育環境の消毒や病気の予防だったりってことですか?

それももちろんですが、信頼できる獣医さんを捜すのも大事ですね。

命に関わる事ですから。

その他に、飲み水や室温にも注意しています。

特に室温は体調を崩しやすいので猫にとって最適な

かつ、来店されるお客様の快適さを両立する温度に設定しています。

 

−−−確かに暑かったりすると人間も猫もやる気をなくしますもんね(汗)では、今までに苦労してきた事はありますか?

やっぱり、お客さんを集める事ですかね(笑)

川内市にはコミュニティFMがあるので、取り上げていただいたり

フリーペーパーに掲載してもらったりして様々な広告媒体に宣伝してもらってます。

おかげさまで、それを見てくださったお客様が来てくださったり

口コミで来てくださるお客様も増えてきてます。SNSも活用してますよ!

 

最後までキャットタワーから見つめていた「リンゴ」

 

−−−お客さんを集めるのはみんな苦労されてるんですね。では逆に猫カフェを始めてよかったことはありますか?

猫達を助ける場所が作れた事ですね。そんなにたくさんではないですが。

行き場のなくなった子猫達だった訳じゃないですか。

そういった猫達に生きて行く場所を作れた事が一番ですね。

それと、お客様の中には猫達に会うのはもちろんですが

スタッフとお話しするのが楽しみと言ってくださるお客様もいるんです。

そうやって来てくださるお客様がいる事も私たちにとっては嬉しい事ですね。

 

「イブ」と遊ぶ店長の瀬野浦 菜都美さんと、扇風機裏で順番待ちをする「ミーコ」

 

−−−来店されるお客様に気をつけてもらいたい事などはありますか?

特に制限などは設けてませんが

相手は生き物なので猫達が嫌がる事などはしないようにお願いします。

あとは、消毒の徹底ですね。

外部から猫達に病気を移さないのはもちろんですが

仮に、ここに何らかの病気があったとしてそのまま帰って自宅のペットに移ってもいけませんので店内備え付けの消毒液で消毒をお願いしています。

それくらいでしょうか?あとは基本自由ですので

安心して猫達と遊んでください。

 

−−−みなさまの協力も大事と言う事ですね。それでは最後の質問です。かふぇmicieにとって猫はどんな存在ですか?

私たちの命を救って、守ってくれる存在です。

過去の辛い時期を猫達が支えて助けてくれましたから。


−−−なるほど、かけがえのない存在ですね。店長さんは?

自然にそばにいてくれる存在です。

自分がすごく辛い時とかに寄り添ってくれたりするんですよね。

 −−−スタッフのみなさまの猫を大切にする気持ちが伝わってきました。今日はありがとうございました。

 

 かふぇmicieのみなさまとお話ししていると

本当に猫が好きなんだという強い気持ちが伝わってきます。

 ここまで、猫が好きだと完全に猫派かな?と思ってしまいますが

実はオーナーの中薗さんは元々は犬好きだったそうですよ。

ボルゾイとかを飼っていた程の犬好き。

そんな犬好きを一瞬にして猫好きに変えてします猫の力・・・

犬好きのみなさま一度猫に魅了されにかふぇmicieに遊びに行ってみませんか?

 

もちろん、猫好きでもそうでない方も大歓迎ですよ!

 

−−−−−−−−−−お店情報−−−−−−−−−−

かふぇmicie

 〒895-0052

鹿児島県薩摩川内市神田町6-6 ライフ21 102号

電話番号 0996-29-5775

ホームページ http://mameushi2720.wix.com/micie 

Facebookページ https://www.facebook.com/Nekokafemicie?fref=ts

営業時間 10:00~19:00

定休日 月曜日(月曜日が休日の場合火曜日が休み)

駐車場 近くにあるコインパーキングをご利用ください。

関連記事

響灘ビオトープに行ってみた。

2016年5月号

猟師 牧裕晶さんにインタビューしてみた。

2015年12月号

ドゴ・アルヘンティーノブリーダー原田さおりさんにインタビューしてみた

2015年11月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2016年10月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" もしもの時の人口蛹室。 猫か...

2016年8月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" 犬に良くない意外なもの 活餌...

2016年7月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" フードアグレッシブって? 梅...