バックナンバー(もっと見る)

2016年10月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" もしもの時の人口蛹室。 猫か...

2016年8月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" 犬に良くない意外なもの 活餌...

2016年7月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" フードアグレッシブって? 梅...

ぺっとの根っこ

2014年12月号

オーストラリアン・ドワーフパイソン 冬の飼育

2014年12月09日 16:35 by masamitsu_rep
12月…月日が経つのは早いですね。
そんな12月の真っ只中今回は冬場のオーストラリアン・ドワーフパイソンの飼育についてお話します。
 

 ハッキリ言って基本の飼育器具(プラケ、水入れ、シェルター、遠赤外線ヒーター)があれば、冬を過ごす事が出来ます。とにかくオーストラリアン・ドワーフパイソンは高温にも低温にも比較的強いので、あまり難しく考えなくても大丈夫です。

エサの間隔も特に気にしなくて大丈夫です。
夏場、多目に与えてたのなら1〜2日間隔を開ける程度で十分です。

ただ乾燥による水切れだけは注意してください!

繁殖を目指すのであれば2〜4月にかけてクーリングをする必要があります。
それはまた次回に説明します。

関連記事

餌について

2016年7月号

アカハライモリと水ガメ

2016年6月号

冬時期の管理

2016年2月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2016年10月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" もしもの時の人口蛹室。 猫か...

2016年8月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" 犬に良くない意外なもの 活餌...

2016年7月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" フードアグレッシブって? 梅...