バックナンバー(もっと見る)

2016年10月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" もしもの時の人口蛹室。 猫か...

2016年8月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" 犬に良くない意外なもの 活餌...

2016年7月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" フードアグレッシブって? 梅...

ぺっとの根っこ

2014年11月号

冬の管理・設備について

2014年11月15日 18:49 by masamitsu_rep
 ついに11月に突入。
秋から冬へと移り変わりましてますね

この時期から、コーンスネーク、キングスネークの成体は急激に食欲が落ちます。
これは体内時計が低温を感じ取り、休眠・冬眠の準備をするためです。
自然の流れなので体調不良ではありませんので慌てないでください。
休眠中でも少し活動したり水分補給をするので、水の管理だけは忘れずに!
 


ちなみに幼体は体力的な事を考えると、加温して育てた方が安全です。
ワタシも幼体時期は25℃くらいに加温して育てました。

これから約5ヶ月ほど世話をする事が減るので寂しいとは思いますが、春には元気な姿を見せてくれるので、それまで静かに見守ってあげてください。

次回は、オーストラリアン・ドワーフパイソンについて再度お話しします。

関連記事

餌について

2016年7月号

アカハライモリと水ガメ

2016年6月号

冬時期の管理

2016年2月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2016年10月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" もしもの時の人口蛹室。 猫か...

2016年8月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" 犬に良くない意外なもの 活餌...

2016年7月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" フードアグレッシブって? 梅...