バックナンバー(もっと見る)

2016年10月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" もしもの時の人口蛹室。 猫か...

2016年8月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" 犬に良くない意外なもの 活餌...

2016年7月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" フードアグレッシブって? 梅...

ぺっとの根っこ

2014年9月号

WEST ROAD RANCH 三浦崇博さんにインタビューしてみた。

2014年09月04日 16:06 by masataka_mano
 夏場でも涼しく過ごしやすい南阿蘇村

 

そんな、南阿蘇村に新しく乗馬クラブを立ち上げた方がいるという情報をいただき南阿蘇村へ向かいました。が、生憎の雨模様。

そんな雨の中、乗馬クラブWEST ROAD RANCHで馬達と共に待っていてくださったのは今回のインタビューのお相手、三浦崇博さんだ。

三浦崇博さんとサラブレッドの 5歳♂快進(カイシン) 

 

−−−三浦さんと馬との出会いというのは一体どんなものだったのでしょうか

とにかく馬が好きでした。小さい時から興味があって高校生の頃から本格的に馬と触れ合いだしました。高校も馬術部があるという理由だけで決めたくらいです。

最初は別の高校に行くつもりだったのですが、馬に惹かれて・・・

学校の先生には「違う所に行った方がいいんじゃないのか?」と言われましたが押し切りました。

 

−−−よっぽど馬が好きだったんですね。では、この乗馬クラブの「WEST ROAD RANCH」という名前の由来は

ココの前を通ってる道路が西登山道と言うんです。

コレの英語表記が"WEST ROUTE”なんです。そのまま使うのもアレなのでWEST ROADに変えてそこに牧場である"RANCH”をくっ付けて

"WEST ROAD RANCH”と名付けました。

 

−−−馬達のどのへんに気を使いますか

 やっぱりその子その子の性格でしょうね。全部同じじゃないですから。その子に合った接し方が必要ですね。

 

−−−一頭一頭をみる必要があるってことですね。そんな馬達と共に人生を歩もうとしたキッカケって何ですか

 キッカケはWEST ROAD RANCH共同経営者の北野貴之さんとの出会いですね。

北野さんは元々高校馬術部の先輩で、卒業後北海道の競走馬の生産の仕事に就いていて僕よりも馬にドップリ浸かってる人間です。で、北野さんが熊本に帰って来て乗馬クラブをやるって聞いたので「手伝います!」って答えたのがキッカケですね。

 

 共同経営者の北野貴之さんと道産子×ポニーの12歳♀ネージュ


−−−北野さんが憧れの先輩だったという事ですね!そんなキッカケで始まったWEST ROAD RANCHですが、乗馬のプランはどういったものがありますか

 現在は、乗馬体験のみです。まだ、馬の数がそれほどいなくて。

コレからどんどん馬を増やして外乗などイロイロなプランもやって行きたいと計画しています。

ちなみに、8月末(取材8月25日)に新しく馬がやってくるんです。

 

−−−新しい馬が来るんですね!それは楽しみですね。入り口にある看板に1,000円から乗馬ができます。と書いてあったのですが、なぜそんなに安く価格設定をしているのですか

 そうですね、理由としては乗馬普及に貢献できればということですね。馬をもっと身近に感じてもらえれば。という想いで1,000円からと設定しました。商売的にはちょっとアレですけどね(笑)とにかく、大きく間口を開けて多くの方に見に来ていただいて、触れ合ってもらえれば嬉しいです。

 

乗馬は1,000円から 


−−−たしかに、1,000円という価格だったら「ちょっと乗馬でもしていくか!」ってなりそうですね。ちなみに1,000円のプランだったらどういった事が出来ますか

 1,000円のプランは基本的に馬場の中を6周してもらいます。

6周の中では実際に発進や停止の合図を掛けてみたり最後の方ではリードを外して1人で操作をしてもらうことも可能です。

 

−−−そんなに乗って1,000円なんですか?思ったよりガッツリ乗れるんですね。もっとこう、少しだけ乗るのかと思ってました。

 乗った直後はみなさん顔が変わられますね。

自分の出した指示に反応するという事に安心感をもってもらえ、喜んでいただいてます。

馬に乗った経験のある方ってあんまりいないですよね?馬への入り口としては面白いものを提供できてると思いますよ。

 

サラブレッド2歳♂ロマンサー 


−−−僕も始めて馬と触れ合ってみたんですが、なんだか普段扱う動物とはまた違う感覚で新鮮な気持ちになれました。そんな馬達と毎日過ごされている三浦さんですが馬と一緒にいて良かった事や嬉しかった事ってありますか

 毎日が嬉しいですね。1日1日変化もありますしそれも面白いです。その馬の良さが触れ合われたお客様に伝わって「馬っていいですね」と言ってもらえたらそれもまたいいモノを馬と一緒に生み出せてるなと嬉しい気持ちになりますね。

 

私もちょっぴり乗馬体験してみました

 

−−−では、逆に馬を扱ってて苦労した事って何ですか?

 足を踏まれる事です(即答)

馬が気づかないんでしょうね。たまに馬を牽いてる時とかに”ボスっ!”と踏まれる事があるんです。それが痛くて。コレだけは勘弁して欲しいですね。

 

−−−足を踏まれるですか・・・なかなかピンポイントな答えで馬を扱う人にしか分からない苦労ですね。そんな可愛らしい?一面をもっている馬達を通してお客様に何を伝えたいですか

 気持ちは伝わるんですよってことはお伝えしたいですね。

人対人でも、人対動物でも心の中にある気持ちというのは何かしらの形で相手に伝わるということですね。

中には伝わりづらい事もありますけどね(苦笑)

 

 サラブレッド7歳♀グルーブ


−−−伝えるって、難しいですよね・・・それでは、今後のWEST ROAD RANCHの展望をお願いします。

 まずは、頭数を増やして良い厩舎を建てて、外乗を出してというのが近い将来の目標です。

 

−−−では、最後に三浦さんにとって馬とは

 空気みたいな、なくてはならない存在です。

仕事のパートナーとしても共に歩んでくれてますし。

今後、より馬の事を知りたいと思いますしね。

 

 こんな大自然の中、高貴な遊びのイメージのある乗馬を低価格で楽しめるWEST ROAD RANCH

少しでも乗馬を身近にと奮闘しておられる三浦さん・北野さん。

初めての私が乗っても親切丁寧に指導をしてくださるし馬達も経験豊富で安定感が抜群。初心者にこそチャレンジして欲しい乗馬の楽しさを教えてくれる乗馬クラブです。

 今後WEST ROAD RANCHが日本で最も身近な乗馬クラブになる日はそう遠くないのかもしれない。

 

−−−−−−−−−−お店情報−−−−−−−−−−

WEST ROAD RANCH

熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽4625-3

電話番号090-7451-7290

ホームページ 近日公開予定

Facebookページ https://www.facebook.com/westroadranch

営業時間 9:00~18:00

定休日 無休(お問合せください)

駐車場 完備

関連記事

響灘ビオトープに行ってみた。

2016年5月号

猟師 牧裕晶さんにインタビューしてみた。

2015年12月号

ドゴ・アルヘンティーノブリーダー原田さおりさんにインタビューしてみた

2015年11月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2016年10月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" もしもの時の人口蛹室。 猫か...

2016年8月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" 犬に良くない意外なもの 活餌...

2016年7月号

ペットとの暮らしを提案する"ぺっとの根っこ" フードアグレッシブって? 梅...